■ 当院のリハビリテーションの特徴

運動療法を中心に行っています。

【運動療法とは】
身体を動かすことにより症状を軽減させ、低下している機能を改善させることを目的として行います。

担当の理学療法士が予約制でマン・ツー・マンにて行います。 来院時には理学療法士が症状をチェックし、運動指導や必要に応じて他動的に関節や筋肉を動かすなどのサポートを行います。同時に患者様御自身にも身体の状態を理解していただき、なぜ痛みが出るのか、どうしたら痛みが和らぐのかを一緒に考え御自宅で出来る運動の紹介や姿勢、日常生活のアドバイスを行います。再来院時に上手く出来ているかどうかチェックを行い、必要に応じて運動内容の見直しを行います。


【よくある疾患】
骨折、人工関節などの術後療法、腰部痛、頚部痛、肩痛、変形性関節症、手足の痛みやしびれ、靭帯や半月板損傷など。 当院のリハビリテーション科では特に原因がはっきりしない、長引いている疼痛の緩和を得意とするスタッフ、足関節のリハビリテーション、インソール作製に力を入れて取り組んでいるスタッフが在籍しています。


皆様のお役に立てるよう頑張っておりますので、お気軽にご相談ください。

下半身を中心に筋力トレーニングのマシンを取り揃えております。

リハビリの待ち時間などにお使いいただけます。

■ 施設紹介

■ インソール 当院では理学療法士によるインソール(足底板)を作成しています

【インソール(足底板)療法とは】

足は体の全てを支えています。

私たちの身体、全てを支えている足を補助しているのが靴になります。

靴が自身の足を適切に補助できていないと様々な不調の原因になることは少なくありません。

下肢障害の多くは微細なストレスの繰り返しで引き起こされ、違和感や不快感となり疼痛へと発展します。

様々な世代の動作時に起こる身体の痛みや悩みは適切に作成された靴のインソール(中敷き)によって改善されることがあります。

当院の理学療法士が作成したインソールを販売しています。

【インソール完成までの過程】

完全オーダーメイドで歩行・痛みの改善をサポートします。


[評価・採型]→[マーキング]→[パッド貼付]→[完成]


当院で扱う「インソール」はベースとなる中敷きを作成しそれに専用のパッドを貼付し調整します。

インソールを専門的に作成することで様々な悩みを解決できる場合があります。
インソール作成についてご不明点やご興味をお持ちの方はお気軽にお問い合わせください。

【既製のインソールを履いた歩行と当院で作成したインソールを履いた歩行の比較】

既製のインソール

[歩行観察] → 左に傾きお尻の揺が大きい

[結果] → 左へ体のブレが大きく効率の悪い歩行になっている

 

当院で作成したインソール

[歩行観察] → 傾きの軽減しお尻の揺れが減少

[結果] → 体のブレが修正され体に負担の少ない歩行へと改善

Copyright(c) ItoSeikeiGeka All Rights Reserved.